2017越後湯沢(新潟県) 滝乃湯

/   ←startボタンでスライドショーを開始します

行ってきた。越後湯沢 和みのお宿 滝乃湯。
【一人旅】出張ビジネス・温泉巡り・心身のリフレッシュに・・・ぶらり一人旅プラン♪ 16,000円
夕食時にほろ酔いセット 641円
淡麗純米酒 魚沼 飲み口さらり(白瀧酒造)180ml がサービス(市価300円?)
現地で入湯税・飲み物で791円はらう。

前日にネット予約。青春18切符使用。
越後湯沢駅から徒歩7分。近隣に双葉・音羽屋・湯沢東映

施設
4階建ての旅館。
あてがわれた部屋は10畳和室で、トイレ(ウォシュレット)・洗面所・UBつき。
冷蔵庫には申告の飲み物。館内にジュース自販機(140-)、あちこちにルームサービスのチラシが張ってあり宿は追加注文を希望している。
freeのwifiが設置。窓からは遠くに湯沢の街と新幹線の高架。

風呂
貼ってあった紙のよると。
内湯は循環+塩素消毒?内湯併設の露天と1時間の貸切風呂はかけ流し。
内湯+露天は終夜入れる。
湯は無色透明でサラサラした感じ。
内湯は室内に入った時塩素ぽい匂いがするが、露天と貸切は能書き通りかそんな感じはない。
でもなんか自己主張しない特徴のない湯だったが、湯上り後肌がすべすべに。
建物規模にしては風呂は独り占めだった。

食事
夕食は部屋で。朝食は広間で。
夕食の配膳係が中国人男で驚いた。中国人客多いのかね?
新幹線の駅があるから外国人観光客でもお手軽に来れて多いらしいんだか、町中でも見なかったな。
米どころだけあって、米・酒・味噌が旨い。
残念なのが飲み物を持ってくるタイミングが遅すぎる。

http://tamajimu.sytes.net/2017/yzw/?30
越後と言えば「越後の笹飴」だと思ったんですが、笹飴て売ってないんですね?
明治時代はうまいものかもしれんが、現代だとそうでもないのかな?
ユーミンが歌ってた時代の苗場では売ってたが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする