スマホをペンタブ化させるアプリ「VirtualTablet」をインストールしてみた

PCでちょっとした絵を書くことになり、流石にマウスやトラックボールだと使いづらいので何かないかと探したら、スマホをペンタブ化させるアプリがあるようだ。

下記のページがそれ。

VirtualTablet - SUNNYSIDESOFT
http://www.sunnysidesoft.com/ja/virtualtablet/

紹介文より引用
VirtualTablet はスタイラスペン入力をサポートするタブレット機械 (サムスンスレート 7,アーティブ , MS SurfaceあるいはGalaxy Note など)から送信されたペン入力を無線に繋がっている PCに転送する事が出来るアプリケーションです。転送されたペン入力は PCで実際デジタイザを利用する時と同様に自由に絵を描いたり、書いたりする事ができます。
つまり、実際デジタイザーハードウェアを購入する必要なく、ユーザがペン入力をサポートしているタブレット機械をお持ちであれば、それを PCで仮想のデジタイザーとして認識する機能を持っています。
タブレットとPCをWiFiや Bluetoothを利用して簡単に無線に繋げる事ができます。 VirtualTabletサーバープログラムをPCに実行してタブレットデバイスでVirtualTabletアプリケーションを起動すると、高い価格の Wacom タブレット入力装置と変わらなく、利用できます。

使い方は簡単で、PC側にサーバーソフトとスマホ側にクライアントを入れるだけ。
もちろんワコムとかの専門デバイスと違って使い勝手は劣るだろうが、マウスしかない状態よりはずっといい。